ビタミン

眼精疲労の予防・治療

ビタミン

近年、眼精疲労対策として注目を集めているのが「ビタミン」です。ビタミンは13種類ありますが、そのうち目に関係深いのがビタミンAとビタミンB群です。


まず、ビタミンAですが、角膜・網膜の細胞を正常に保ち、涙の量を一定に保つ働きがあります。ビタミンAが不足すると鳥目になったり、ドライアイになりやすいのです。ビタミンAを多く含む食品としては、うなぎ・レバー(鶏/豚/牛)・バター・卵黄などの動物性食品や、かぼちゃ・ほうれん草・にんじん・しゅんぎく・小松菜・ブロッコリー・ブルーベリーなどの植物性食品があります。


次に、ビタミンB群も目にとって大変重要な働きをします。ビタミンB1とB12は、視神経の働きを促して視力の低下を予防します。ビタミンB2は、目の充血や眼精疲労の改善、及びピント調節機能や瞳孔(どうこう)の光量調節作用をサポートします。ビタミンB6は、眼精疲労、目の炎症、貧血やウツ病に効果があるとされています。


ビタミンB1・B12が多く含む食品として、ボンレスハム・豚肉・椎茸・落花生・うなぎ・ごまなど、ビタミンB2が多く含まれる食品として、豚レバー・卵・椎茸・うなぎ・チーズ、わかめ、海苔など、ビタミンB6が多く含まれている食品として、大豆・牛乳・さけ・さば・まぐろ・玄米などがあります。


その他、ビタミンCは水晶体が白く濁る「白内障」の予防に、ビタミンEは血行を促して酸素や栄養を送り、イキイキと輝く目にする働きがあります。普段の食生活でビタミンの摂取をするのがよいのですが、不足分をサプリメントや目薬で補給できます。